FC2ブログ

<地デジ対策、映っていますか?>嬬恋 軽井沢

こんにちは、軽井沢夢建築工房の佐藤です。

台風17号が近づいています。強い勢力を保ったままで上陸するみたいです。

長野、群馬共に直撃する様ですので心配です。それなりの準備が必要かもしれませんね。

さて、本日の話題なんですが、地デジ放送についてお話しさせて頂きたいと思います。

昨年の7月よりアナログ放送が終了して早一年以上が経ちました。

皆さんの所では正常に受信出来ていますか、

軽井沢では、中継所があったりして比較的、正常に受信出来るみたいなのですが、嬬恋村、北軽井沢地域では、かなり受信状況等悪いのが現状です。

一部の地域を除いて発信所は草津の中継所、特に嬬恋地域は樹木が多いのと、発信電波もさほど強くないのが原因のようです。

軽井沢夢建築工房では今年も沢山の地デジアンテナ工事をさせて頂きましたが、残念ながら全てのお客様に満足のいく工事をさせて頂く事が出来ませんでした。

映るかどうかの調査にも費用がかかってしまいますし、調査結果がOKでもいざアンテナ工事をしてら映らない局があったりして、お客様も工事をする我々の方もなかなか納得のいく仕事が出来ないこともあります。

受信環境が悪いということで、取り付けるアンテナも通常のUHFアンテナと違って特殊な物となります。

こちらが当社で使用している<地デジ対応高性能30素子UHFアンテナ>です。

地デジアンテナ30素子

一緒に映っている私の車と見比べてください。ゆうに3メートルを超える長さがあります。

現在市場に出ている製品の中でも最上級の性能を持っているアンテナです。

でもこの高性能アンテナをもってしても、アンテナ単体ではまだ映りません。

こちらの地デジブースターも必要となります。

地デジブースター

このブースターを経由し電波を増幅して、やっとギリギリ映るというのが今の嬬恋地域での現状です。

早く受信環境が良くなるように嬬恋村、長野原町には頑張って頂きたいところです。

軽井沢夢建築工房でも色々と知恵を絞って、この地デジ対策に今後とも取り組んで行きたいと思います。

昨年ベランダの工事をさせて頂いたお客様の別荘屋根に取り付けられたアンテナです。

ダブルアンテナ

なんとダブルアンテナ!

「これで映るのですか」とお聞きすると。「まだ映らないですよ、アンテナ2本だと個々のケーブルの長さを微妙に調節しなければならないんですよ」とのこと。

ただ単純に本数を増やせば良いという訳では無いようです。

アマチュア無線をやられている方で、とても電波のことについて知識が豊富、詳しくお話しをお聞きしたのですが、私にはほとんど理解出来ませんでした。

一生懸命ご説明頂いたのに申し訳ありません。

もっと勉強をしなければなりませんね。頑張ります。

でも高いところでの作業、危ないですよ、気をつけてくださいね。出来れば私たちにお任せ下さい。

皆さんも、地デジ放送受信でお困りの方は一度お声をお掛け下さいね。お役にたてるかと思います。

それでは今日はこの辺で 佐藤でした。




この写真を見てください。解りますか?

アンテナカエル

結構高い場所なのですが、アンテナにアマガエルがチョコリロンととまっていました。

鹿のマスコット<地デジカ>ではなく 地デジカエル(替える)....なんちゃって..ごめんなさい...


佐藤誠工務店

<軽井沢夢建築工房 嬬恋事務所>

〒377-1402 群馬県吾妻郡嬬恋村鎌原1452-29
電話 0279-86-2533 FAX 0279-86-2534
携帯電話 080-5145-5765
eメール seiichisato812@white.plala.or.jp

軽井沢夢建築工房ホームページ
http://yumekenchiku.com/







スポンサーサイト



<すぐれもの!サンパッチシート。>

こんにちは、軽井沢夢建築工房の佐藤です。

今週末は秋分の日、でもまだ暑い日が続きそうです。

去年の今頃は結構寒い日があってもうストーブ何ぞをつけていた記憶があるのですが、やはり今年の暑さは異常なのかな。

でも良い天気が続きましたので、仕事の方はお陰様でスムーズに進んでいます。有り難いことです。

先々月の事ですが、お客様のお庭に作業に伺ったときの事です。

傾斜に作られた階段手摺の木製杭が数本折れているではないですか。

サンパッチシート杭破損現況

よく見ると根本が腐っていてポッキリと折れています、まだ作って5年目ぐらいだったかな。

早速お客様にご連絡、「お庭の杭が折れています、新しい杭と交換しておきましょうか?」すると...

お客様「せっかくやり直しても又数年後には腐ってしまうのでは」..「当社で扱っている<サンパッチシート>という製品があるのだけれど、使ってみては如何でしょうか」

と、ご紹介を受けた製品がこちら サンコーテクノ株式会社で扱っている<サンパッチシート>パッケージです。

サンパッチシーパッケージ

今回は、こちらの<サンパッチシート>を杭の地中に打ち込む部分に巻いて施工させて頂くことになりました。

この<サンパッチシート>元々は、劣化した下水道管やガソリンタンクの補修に使われていて、ドイツで開発された商品のようです。FRP(強化繊維プラスチック)シートで出来ておりまして、太陽の光など紫外線でカチカチに硬化するという優れものなんです。

さて、施工手順となります。

まずは、パッケージから<サンパッチシート>を取り出します。この時点ではとても柔らかく柔軟性、粘着性があるプラスチック繊維シートです。

サンパッチシート杭巻き作業1

取り出した<サンパッチシート>を手早く杭が地中に打ち込まれる部分に巻き付けます。

紫外線に当たると直ぐに硬化が始まりますので手早く作業を進めます。出来れば日陰や暗い所での作業が良いようです。

サンパッチシート杭巻き作業2

私は手の皮が厚く上部なので大丈夫?なのですが、本当は薄手のゴム手袋をつけての作業となります。

<サンパッチシート>が巻き上がった杭を日光にさらし、タップリと紫外線を浴びせます。

約15分ほどで完全に硬化、カッチカチ!

サンパッチシート杭巻き硬化中

完成した杭を元の位置に打ち込んで作業完了!

全部で7本の杭打ち替え作業、作業時間約1時間ほどで完了です。とてもスムーズに作業させて頂きました。

さて、今回打ち替えた杭、何年ぐらい長持ちするのかな、見守って行きたいと思います。

お客様のご提案で今回施工させて頂いた<サンパッチシート>柔軟性があり特別な道具も不要で作業時間も短く、アイデア次第で他にまだ色々な用途に使えそうです。

入手は簡単、ネット通販で幅広く売られています。<サンパッチシート>で検索してみてくださいね。

サンコーテクノ株式会社のサンパッチシート製品情報、ホームページでも紹介されています。覗いてみてください。

サンコーテクノ株式会社HP http://www.sanko-techno.co.jp/company/act.html

それでは今日はこの辺で、佐藤でした。


もう、結構落ちています。

H24、9月落ち始めた栗

まだ小さいけど栗の実です。もみじの葉っぱも少~し色づいて来たみたいです。

東京、今日の最高気温は30℃!まだ暑いです。でも間違いなく秋です。


佐藤誠工務店

<軽井沢夢建築工房 嬬恋事務所>

〒377-1402 群馬県吾妻郡嬬恋村鎌原1452-29
電話 0279-86-2533 FAX 0279-86-2534
携帯電話 080-5145-5765
eメール seiichisato812@white.plala.or.jp

軽井沢夢建築工房ホームページ
http://yumekenchiku.com/












プロフィール

<(株)軽井沢夢建築工房>佐藤誠一

Author:<(株)軽井沢夢建築工房>佐藤誠一
軽井沢,嬬恋での別荘ライフ情報を遊び心目線でご紹介。
昭和36年8月12日生まれ
男性 A型 
趣味 酒、PC、カラオケ、料理、チョット鉄チャン。
特技 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード